デトランスα 副作用

デトランスαに副作用はある?

デトランスα副作用

デトランスαはデンマークで開発された最新医療を駆使したワキ専用の臭いケアクリームですが、外国製の物ってなんだか刺激が強そうだし、日本人の肌に合うのか心配になりますね。

 

ワキって皮膚の中でも閉ざされたパーツなので、何かトラブルが起きると非常にやっかいなパーツです。

 

そうならないためにも、使用する前にしっかりと知識を蓄えてからチャレンジする事が大切です。

 

これからデトランスαの副作用について解説していきます。

 

まずはデトランスαの正しい使い方を行いましょう

これは何でもそうですが、使い方を間違うとそれだけで副作用が起きたかのような肌トラブルが発生する場合があります。
特にワキガの汗臭といった強烈な臭い菌を撃退していく物ですから、それなりの刺激の強い成分は配合されているはずです。
デトランスαの正しい使い方としては、

 

@夜お風呂上りの寝る前にワキに塗る

 

Aよく乾かして

 

B翌朝ふき取る

 

といった取り扱い説明が記載されています。

 

Bの翌朝ふき取る場合には、タオルやウェットティッシュでふき取るのがお勧めです。

 

そうなると、日中はデトランスαの成分をあまりワキに残しておかない事になります。

 

その訳はデトランスαの成分の働きとして、ワキの臭い菌の撃退以外にも、皮膚内の汗管を細くしていきながら汗の量を徐々に減らしていくといった作用があるからです。

 

それで成長ホルモンが分泌される睡眠中にその作用が働くようにといった理由で、使用するタイミグが夜寝る前のみなのです。

 

日本製の従来のデオドラント製品の場合ですと、臭い菌を退治していく働きがメインなので、朝や夜以外でも日中にも使用可能といった製品が多いようです。

 

でもデトランスαはそういった製品とは成分や効果が違ってくるので、使用方法も夜のみになるので、その辺をしっかり理解した上で使用方法を間違わない様に注意して下さい。

 

そうなってくると早く効果を出したいからといってべたべたするぐらいに塗ったり、朝ふき取るのを忘れてしまうと、日中汗をかいた時にワキがべたべた湿って、それがかぶれる原因となってしまうのです。

 

これを副作用が出たと勘違いしている可能性が高いです。使用する前に取り扱い説明書をよく読んでから、使用するようにしましょう!

 

使用量に注意する事!

デトランスαを使用して、痒みやヒリヒリした痛みが生じた人達の口コミを分析していくと、だいたい塗りすぎてしまった、朝ふき取るのを忘れてしまった、夜寝る前だけでなく朝も使用してしまったといった失敗が多いようです。

 

基本的に肉食でワキガ臭が強烈な欧米人用に開発されている製品なので、日本人の肌には刺激が強すぎるといった前提で使用すると、用心して少量ずつ塗ったり、朝起きてすぐにふき取ったりといった注意を払うようになるでしょう。

 

もしもワキに傷や出来物が出来ている場合には、使用を中止して下さい。

 

女性の場合ですと、生理の前後や生理中の使用はいつも以上に肌が過敏になっているので、使用を控えた方が良いみたいです。

 

デトランスαを購入してすぐにワキガや多汗症を治そうと思わずに、毎晩コツコツと使用していきながら少しずつ症状を改善させていくといったスタンスで取り組むのが安全です。

 

一度かぶれてしまうと、ワキといったあまり空気に触れないパーツの場合には治りも遅い場合があるので注意して下さい。

 

敏感肌やアトピー肌の人の使用は要注意

元々敏感肌もしくはアトピー肌といった体質の方は、使用する際には充分な注意が必要です。

 

長期的に敏感肌やアトピー肌のために皮膚科で治療しているといった方は、使用する前にデトランスαの製品と成分が記載されている取り扱い説明書を持って、使用可能かどうかといった事を皮膚科の医師に相談した方が良いかもしれません。

 

ワキに刺激を与える事によって毛穴が皮脂で詰まったり、ばい菌が毛穴に侵入してしまうと、大きなニキビが出来たり、化膿性汗腺炎が生じる場合があります。

 

そうなってくるとさらに症状が悪化する場合があるので、何か異変が起きた時や心配な時には迷わず皮膚科を受診して下さい。

 

デトランスαのワキ用クリームには、通常タイプと敏感肌用があります。

 

デトランスαを取り扱っている海外通販サイトユーアップには、敏感肌用のデトランスαクリームや様々な消臭関連商品が販売されているので、まずは刺激の少ない物から使用してみるのも良いでしょう。

 

まとめ

今回はデトランスαの副作用について解説してきましたが、理解できましたか?

 

ポイントとしてはデトランスαの効能が、臭い菌の撃退以外にも汗管を縮小させていくといった作用がある点です。

 

この点をしっかり理解できると、使用はいつも夜寝る前のみといった事をしっかり理解していただけるかと思います。

 

特に外国製の物を活用する際には、日本人には刺激が強すぎる場合があるので、成分や効能、使用方法をしっかり理解してから活用するようにしましょう。

 

デトランスαについて